プライベート用のポリ袋印刷

プライベートでもポリ袋印刷ができます。

ポリ袋を印刷する目的は、お店の宣伝や公共用の印刷とは限りません。個人でプライベートに使用する場合もあります。記念日などで、みんなに贈り物を渡すために、袋に言葉を印刷したい事もあるでしょう。学校でのクラス名やクラブの名前などを印刷して使用する場合もあります。自由な言葉が印刷できるので、感謝の言葉を印刷したポリ袋にいれて贈り物を渡せば、とっても喜ばれます。色も自由に選べるし、大きさも選ぶことができます。季節によってデザインを変えて使用するなど、工夫をすれば楽しいですよね。クリスマスプレゼントを雪だるまやツリーの絵など印刷した袋に入れて渡せば、それだけで素敵なプレゼントになります。個人のセンスが十分に発揮できますよ。

小口でも発注ができます。

プライベートでポリ袋印刷をする時に問題なのが、発注枚数です。大量の枚数でしか受け付けてくれない所もあるのですが、小口でも受注してくれる業者も多いので相談してみましょう。個人では使用する枚数も限られてしまいます。安くても大量に送られてきても、置き場所も無く困ってしまいます。インターネットを通じてポリ袋印刷を行っている業者のほうが、小口発注を受けつける所が多いようです。自分で好きな言葉や絵などの電子データーを送れば、印刷をして送ってくれるので便利ですよ。手間もかからずに必要な時に必要な枚数だけ、好みの印刷ができるのがインターネット通販の良いところですね。これならば、プライベートで様々な図柄のポリ袋印刷をして楽しむことができます。

個包装用のビニール袋に印刷を行う目的は遮光性の向上が多数を占めます。内容物によっては光による刺激で変質することがあるので、印刷による遮光作用で品質を保つ必要があります。

用途別のポリ袋印刷

ポリ袋印刷のポイント

ポリ袋の印刷を専門とする業者は全国に数多くありますが、信頼のできるところに任せるために、業者ごとの製作費用や手続きの方法、サービスの内容などをしっかりと確認することが大事です。また、時間があれば気になる業者の過去の製作事例にも目を通しておきましょう。

© Copyright Polyethylene Bag Printing. All Rights Reserved.