販促活動用のポリ袋印刷

小ロットも可能!ポリ袋への印刷依頼

スーパーのレジ袋やイベントなどで見られるそのお店オリジナルのポリ袋ですが、依頼の仕方が分からない、コストがかかりそうという理由で作るのを諦めている方も多いのではないでしょうか。ポリ袋への印刷を請け負う印刷会社も多く、企業向けの大量印刷だけではなく少ない枚数から依頼でき、個人でも利用しやすい会社もあります。気になる最小発注単位や金額ですが、イベントの資料入れにもよく用いられる、A4サイズの持ち手が楕円型にくり抜かれたポリ袋などは、100枚から依頼でき、片面フルカラーで1枚あたり195円の商品を取り扱っている会社もあります。白や透明の袋で、既製サイズの袋を作るのであれば、比較的安価でオリジナルのポリ袋を業者に依頼することが可能です。納期も、デザインが決まっていれば、入稿後最短で5営業日に発送という会社もあるので、急遽袋が必要になった時でも安心してオリジナルポリ袋の発注をすることができます。

販促チャンスを逃さない!オリジナルポリ袋で販促活動

企業や商店にとって、会社や商品をアピールする販促活動は重要ですよね。会社の資料やお店の商品を入れる袋も販促に使えるアイテムのひとつです。なかでもポリ袋は様々なシチュエーションで使われる、使用頻度の高い物ではないでしょうか。そんなポリ袋を、無地ではなくオリジナルの印刷をした物にすれば、自社のアピールになります。こだわったショップバッグを作りたいという方は、最小発注単位が1000枚からなど単位は大きくなってしまいますが、袋の素材や色、厚みを指定することもできます。デザインが苦手、専用のデザインソフトを持っていないという方も、Web上でデザインを作成しそのまま注文できる会社や、無料でデザインの訂正や、有償でデザインの作成を請け負ってくれる会社もあります。気軽に印刷会社でオリジナルポリ袋を作成して、販促活動に活かしてみてはいかかでしょうか。

オリジナルポリ袋は小売店の方は販促策として、検討すべきアイテムです。お客様が買い物したポリ袋を持って街中を歩くだけで、自店舗の広告塔として、宣伝をしてくれます。

用途別のポリ袋印刷

ポリ袋印刷のポイント

ポリ袋の印刷を専門とする業者は全国に数多くありますが、信頼のできるところに任せるために、業者ごとの製作費用や手続きの方法、サービスの内容などをしっかりと確認することが大事です。また、時間があれば気になる業者の過去の製作事例にも目を通しておきましょう。

© Copyright Polyethylene Bag Printing. All Rights Reserved.